Professional Nursing School

看護の学校に行くには2つの道がある|専門学校の魅力

将来のために学校に通う

種類とメリット

ウーマン

将来医療に関わる仕事に就きたい・医療関係の仕事に転職したい場合は医学部のある大学に通う選択肢が一般的ですが、他にも医療の専門学校に通うという方法が人気です。医療の専門学校では看護や福祉、臨床や療法など目指す職業や取りたい資格により学部が分けられています。他にもスポーツ関連の医療チーム、医療秘書になるための学部などがあり、専門性の高い内容の授業を受けられることが特徴です。様々な学部・学科がある医療専門学校が多いですが、ほとんどの学校で学部同士連携し協力してそれぞれの授業を学び合うことができます。専門学校に通うことで自分の将来の選択肢を大きく広げることができ、専門分野以外での関連した大切な知識もより質の高いものが得られます。目指す職業に必要な国家資格などの取得をサポートする体制が整っているのも専門学校が人気である理由の一つです。自力で勉強するよりも試験を受けるために必要な知識を頭に入れやすく、在学中に資格を取り卒業と同時に就職できる確率がより高まります。卒業後でも国家試験などに合格するまでサポートを続ける専門学校も多くあります。また、それぞれの学部ごとに実践的な内容の長期実習を行うため現場に出るための経験を積むことができます。内容の理解度も深まり実績を残すことも出来るため就職時に採用されやすくなります。関連性のない他の仕事をしてから転職を考える時にも専門学校に通うのがおすすめです。医療に携わる仕事を考えている人は事前に調べてみるといいでしょう。

指定単位を3〜4年で

聴診器

医学の発展により、現代の日本では多くの人が健康体を求めて、医療機関を積極的に利用するようになっています。それに伴って、多くの病院やクリニックで人手が不足しつつあります。つまり医療従事者は引く手あまたということですから、そのことから医療系資格の取得を目指す人は増えています。取得すれば、それだけ有利に就職活動を進めることが可能となりますし、妊娠などの事情で退職したとしても、比較的スムーズに再就職できるからです。そして医療系資格の大半は、大学だけでなく専門学校でも取得可能となっています。看護師資格はその最たるものですが、この他にも血液や尿を調べる臨床検査技師の資格、X線撮影をする診療放射線技師の資格なども、専門学校で取得できるのです。正確には、国家試験を受験するための資格を、専門学校で得ることができます。上記資格の国家試験はいずれも、指定されている単位を全て取得することで初めて受験が認められるようになります。そして専門学校では、その単位を一通り取得できるようにカリキュラムが組まれているのです。またそのカリキュラムも、3年で修了となるものもあれば、日々の講習時限が少なめとなっていて、その分修了までに4年かかるというものもあります。後者の場合、アルバイトなどに勤しみながら通学することもできます。このようにライフスタイルに合わせて学習ペースを選択できることから、医療系資格の取得に専門学校を選ぶ人は多くいます。また大学と比べると入試の合格率が高めなので、その点もメリットとされています。

大学にはないメリット

ウーマン

医療系の国家資格を取得できる施設は、主に大学と専門学校があるため、どちらに通えば良いか迷ってしまうことがあります。学歴だけを考えた場合は大学が適しているのでしょうが、時間を無駄にしたくないのなら専門学校に通いましょう。それは、4年間の通学が必要とされる大学と違って、専門学校ならばもっと短い時間で取得できるケースも多いからです。おおよそ一年間が短縮されますので、その時間を使って、社会人としてのスタートダッシュも可能でしょう。しかも、近年では専門学校の有用性が認められているため、大学出身よりも評価が極端に下がるということはありません。なお、評判の高い医療系の専門学校は、卒業後に控えている国家試験の対策がとても優れています。国家試験の合格率が専門学校の評判に直接繋がるため、100パーセントに近いところも数多くあるので、勉強が苦手ならば、手厚いサポートがあるところに入学しましょう。それに加えて、合格できなかった場合のサポートもありますので、将来を考えるなら最初に色々調べることが大切です。そして、就職のサポートをしっかりと行なってくれるのも、大学にはない大きなメリットです。中には就職率を100パーセントと宣伝している医療系の専門学校もあり、国家試験に合格できれば、就職に困ることはありません。ただし、優秀なカリキュラムや就職サポートがきちんとした医療系の専門学校は、それなりに入学の難易度が高いため、受験の際には勉強を頑張らなければいけません。

将来のために学校に通う

ウーマン

専門学校には様々な分野の学校があり、看護や福祉、臨床や療法、スポーツなど様々な医療関連の学部もあります。それぞれに長期的な実習があるため現場での動きも分かり、プロが教えるためより専門性の高い知識を得ることができ資格取得にも大いに役立ちます。

もっと読む

これから人気のでる職種

男女

医師事務作業補助とは、医師の指示の下、診療録への入力、医療文書の作成など、医師の負担軽減を目的に定められた新しい職種です。民間で行われている資格が何種類かあり、受験資格に制限がなく、難易度もそれほど高くないので、受けやすいものとなっています。医師が不足しているのでこれから人気の出てくる職種です。

もっと読む

心のケアを行なう仕事

勉強

心理カウンセラーの資格の中でも、臨床心理士の資格は取得すべきものとしておすすめされています。臨床心理士は幅広い分野で活躍しているため、この資格を取得することで自分の可能性を広げることができます。また依頼者に適した心のケアを行う力を身に付けることも出来ます。

もっと読む