Professional Nursing School

看護の学校に行くには2つの道がある|専門学校の魅力

心のケアを行なう仕事

活躍の場は多岐に渡る

勉強

心理カウンセラーになるために必要な資格は数多くありますが、最も専門性や信頼度が高い臨床心理士の資格を取得することがおすすめです。心理カウンセラー資格の一つである臨床心理士は、心の問題を抱えた依頼者に対して専門的な技法・知識を用いて問題を解決します。この資格を取得することで、病院や介護施設、企業や学校、さらには家庭裁判所や少年院など、幅広い分野で働くことができます。心理カウンセラーになるために、必ず取得しなければならない資格ではありません。しかし自分が働きたい分野が決まっている場合、資格を取得することで自分の可能性を広げることができます。例えば学校でスクールカウンセラーとして働きたい場合も、臨床心理士の資格取得がおすすめです。学校ではいじめや不登校・勉強・友人関係・家族関係など様々な問題が起きています。そのためカウンセラーには子供が抱える悩みをしっかり受け止め、その問題を解決できる能力が必要になります。時には保護者や教師にも働きかけ、共に解決方法を探します。また企業で産業カウンセラーとして働きたい場合、臨床心理士の他に産業カウンセラーの資格も同時に取得しておくことがおすすめです。いまは過酷な労働環境のストレスによって心を病む人が増えています。そのため働く人が抱えやすい問題について事前に専門的な勉強しておくことで、早期に解決できる可能性が上がります。このように心理カウンセラーになる上で必要な資格を取得することで、依頼者が自分で問題解決できるような働きかけを行うことができます。

カウンセラーの仕事をするなら

勉強する人

テレビでも紹介される「心理カウンセラー」、実はその名前の資格は存在しません。勉強をしていなくても、誰でも名乗ることはできるのです。しかし、仕事をする上では心理カウンセラーに関する資格を取っておいた方がよいです。では、どのようなものがあるのでしょうか。最も有名なのは臨床心理士です。臨床心理士は民間資格で、現在約3万人以上が資格保有者となっています。この資格を保有していると、心理カウンセラーとして病院や学校に就職したいとき有利に働きます。臨床心理士になるには、試験を受けて合格しなければいけません。受験資格は様々ありますが、主に2つあります。それは、指定大学院(1種)を修了するか、指定大学院(2種)終了後1年以上の実務経験を積むかです。指定大学院に入学するには4年制大学を卒業しなければいけません。4年制であればどこでもよいので、高卒の方はまず大学を卒業することが必要です。4年制大学の学費は、国立で約250万円、私立で約400〜550万円、通信制で約50〜100万円かかります。また、指定大学院(1種・2種)は国立で約150万円、私立で約300万円、通信制で約200万円必要です。これは学費だけですので、実際には生活費や交通費などもっとかかると考えてよいでしょう。金銭的に余裕がない方は、通信制や国立を目指すことでかなり抑えることができます。臨床心理士の資格を持って心理カウンセラーとして就職した場合、様々なメリットが得られます。例えば、病院では精神科医から重宝されますし、患者からも信頼されやすいです。また学校では、生徒からはよき相談相手として、保護者からはアドバイザーとして、教師からは生徒のケア専門の心理士として注目されます。

いろいろな場所で働ける

男性

心理カウンセラーの資格は取得を通じて、人の心について学ぶことができます。そのため、人と関わることの多い日常生活において役に立ちます。例えば、人とトラブルになったり、相手の心に寄り添ったりする際に参考になるのです。これは、心理カウンセラーに関係のない仕事をしていても重要です。心理カウンセラーは、クレーム対応や営業に生かせるなど、汎用性がとても高い資格なのです。資格の中には取得が難しいものも存在します。しかし、大学を卒業していなくても取得できたり、数か月の通信講座で得られたりする資格もあります。そのため、少し心理を学びたいというような人でも取得することができるのです。また、種類も豊富なので自分の希望に合わせて資格を選ぶことができます。心理カウンセラーは主に病院や学校でカウンセリングを行います。カウンセリングに訪れる人は心に問題を抱えていて苦しんでる人が多く、特に病院には心の病気や障害を持った人が多くいます。そのような人と向き合い、一番心の距離が近い形で接することで、段々と笑顔になっていく姿を見ることができます。これは、やりがいのある仕事です。また、近年は心の病気を持つ人は増加傾向にあり、需要がますます高まっています。今まで民間資格しか存在しませんでしたが、2018年から新たに公認心理士という国家資格ができたことも、注目と関心を高めました。もちろん、既存の施設に勤務するだけでなく、開業することもできます。心理カウンセラーが開業した場合、オフィスの一室や相手の自宅を使うことが多いので、大きな施設が必要ないのです。ですから開業しやすく、高い年収も見込めます。このような点から、心理カウンセラーの資格を得たいと思う人が多いのです。

将来のために学校に通う

ウーマン

専門学校には様々な分野の学校があり、看護や福祉、臨床や療法、スポーツなど様々な医療関連の学部もあります。それぞれに長期的な実習があるため現場での動きも分かり、プロが教えるためより専門性の高い知識を得ることができ資格取得にも大いに役立ちます。

もっと読む

これから人気のでる職種

男女

医師事務作業補助とは、医師の指示の下、診療録への入力、医療文書の作成など、医師の負担軽減を目的に定められた新しい職種です。民間で行われている資格が何種類かあり、受験資格に制限がなく、難易度もそれほど高くないので、受けやすいものとなっています。医師が不足しているのでこれから人気の出てくる職種です。

もっと読む

心のケアを行なう仕事

勉強

心理カウンセラーの資格の中でも、臨床心理士の資格は取得すべきものとしておすすめされています。臨床心理士は幅広い分野で活躍しているため、この資格を取得することで自分の可能性を広げることができます。また依頼者に適した心のケアを行う力を身に付けることも出来ます。

もっと読む