Professional Nursing School

看護の学校に行くには2つの道がある|専門学校の魅力

これから人気のでる職種

業務内容

男女

医師事務作業補助とは、医師の負担を軽くするために設けられた仕事で主に医師の指示の下、医療文書の作成を補助している病院が多いです。他には、診療録への入力の代行、行政への報告の対応などがあります。また、医師事務作業補助は医師の指示の下が原則となるため、看護師の指示での業務や、医療事務業務、看護助手業務などは行うことができません。医師事務作業補助には民間で行われている資格が何種類かあります。医療機関でも新たに医師事務作業補助を設ける場合には研修期間が6か月と32時間以上の基礎研修を行うことが定められています。現在、医療現場では人材不足です。特に医師は不足しているので、少しでも負担軽減するため医師の業務の一部を代行する医師事務作業補助という職種が誕生しました。誕生してまだまだ日が浅いので知名度は高くはありませんが、医師不足や業務負担増加を軽減するために今後需要が高まることが予測されます。何種類かある中の医師事務作業補助者実務能力認定試験では、受験資格はなくどなたでも受験することができます。独学でも受験できて、難易度も高くないので比較的受けやすい資格となっています。ですが、やや高度な内容も含んでいるので、初めて受験するという方はプロの指導を仰いだほうが現場での即戦力として活躍できます。2008年以降、医師事務作業補助体制加算がついたことにより、医師事務作業補助者の導入が急激に進んでいます。今はまだ受験人数も多くはないですが、今後、医療現場では注目され、人気の出てくる職種ではないでしょうか。

医師の業務負担軽減へ

PCを操作する人

病院での診察以外に医師が行なう事務的な業務を、サポートするのが医師事務作業補助者です。病院によっては医療秘書や医療クラーク、メディカルアシスタントと呼ぶ場合もあります。医師事務作業補助者の主な業務としては医師の指示の下、診断書や医療文書の作成の補助やカルテへの入力の代行などがあります。またカンファレンスの準備や外科手術の症例登録など医療の質の向上に資する事務作業や厚生労働省に報告する診療データの整理なども、医師事務作業補助者の業務に含まれています。医師事務作業補助者とはいっても、病院によって業務内容は異なります。医師事務作業補助者が出来る業務については説明しましたが、反対に出来ない業務も存在しています。医師以外からの指示の下で行う業務や診療報酬の請求事務業務や窓口や受付業務、経営や運営に必要なデータの収集や看護業務の補助や、物品の運搬業務などは行なうことが出来ません。医師事務作業補助者になる為に必要な免許や試験はありませんが、民間の認定試験は存在します。多岐にわたる業務は、幅広い知識を有することが必要となります。医師事務作業補助者の業務に興味があるという人は、認定試験を受けてみてはいかがですか。また医師事務作業補助者は知識と共に医師や医療スタッフとの連絡や、調整を頻繁に行なう場合がありコミュニケーション力が求められる職種でもあります。欧米では長い歴史を持つ医師をサポートする職種である、医師事務作業補助者への需要は高くなっています。

医療の質の向上に貢献する

勉強する人

医師の仕事といえば診察や投薬、手術の執刀といったものがすぐに思い浮かびます。その一方で、日々の業務にあっては相当量のデスクワークもこなしています。具体的には、診療記録の整備、紹介状や診断書等の文書作成、学会発表のためのデータ処理などがこれに当たります。こうした事務仕事は、量が増えるにつれてより多くの時間を割く必要が生じ、時には本来業務に集中できなくなる懸念が生じます。そのため、最近では専門の補助者を配置し、医師の負担軽減を図る動きが目立ってきています。このような職種を医師事務作業補助といいます。現在、医師事務作業補助は診療報酬の加算対象にもなっていることから、大規模病院を中心に導入が進んでいます。それにつれて、就職市場での人気も高まっています。医師事務作業補助が人気となっている理由は、何と言っても医療現場で働ける点にあります。医療の仕事は景気動向に左右されにくいため、雇用は非常に安定しています。医師や看護師として働くのであれば、臨床実習を含めた長期にわたる専門学習を受け、国家資格を取得する必要があります。しかし医師事務作業補助には公的資格がないため、専門スクール等で医学等に関するある程度の知識を学んでおけば誰でも目指すことができます。新卒者はもちろん、転職希望者にとっても参入しやすい職種であると言えます。もちろん、業務自体の魅力も非常に高いものがあります。事務職とはいえチーム医療の一員として人々の悩みや苦しみの解決に役立てるのは、とてもやりがいのある仕事です。

将来のために学校に通う

ウーマン

専門学校には様々な分野の学校があり、看護や福祉、臨床や療法、スポーツなど様々な医療関連の学部もあります。それぞれに長期的な実習があるため現場での動きも分かり、プロが教えるためより専門性の高い知識を得ることができ資格取得にも大いに役立ちます。

もっと読む

これから人気のでる職種

男女

医師事務作業補助とは、医師の指示の下、診療録への入力、医療文書の作成など、医師の負担軽減を目的に定められた新しい職種です。民間で行われている資格が何種類かあり、受験資格に制限がなく、難易度もそれほど高くないので、受けやすいものとなっています。医師が不足しているのでこれから人気の出てくる職種です。

もっと読む

心のケアを行なう仕事

勉強

心理カウンセラーの資格の中でも、臨床心理士の資格は取得すべきものとしておすすめされています。臨床心理士は幅広い分野で活躍しているため、この資格を取得することで自分の可能性を広げることができます。また依頼者に適した心のケアを行う力を身に付けることも出来ます。

もっと読む