Professional Nursing School

看護の学校に行くには2つの道がある|専門学校の魅力

幅広く学ぶか一点集中か

学び方の違い

看護婦

看護師を目指すのであれば、資格を取るために学校に通わなければなりません。学校は大学と専門学校のどちらかとなりますが、どちらに通って学べば良いのかわからないという人も少なくありません。大学と専門学校の場合はどのような違いがあるのか、メリット・デメリットを説明します。大学の場合は、看護の概念を勉強することが主となっている場合が多く、4年制で看護の勉強以外にも一般教養を習得しなければいけない単位もあり、幅広い範囲で学習していきます。私立になれば学費は高額となりますが、国公立となれば学費は抑えることができます。専門学校の場合は、学費は大体高いところが多いのですが、附属病院から連結しているところでは、働きながら学び、学費もある程度免除してくれることもあります。そして大学とは違って実技が主となり、多くが3年制となっています。そして看護以外に学ぶことはなく、看護の勉強の身集中して取り組んでいきます。どちらで学ぶのが良いかは人それぞれなのですが、もし看護師以外にも取得したい資格がある場合は、大学を勧められることがあります。しかし、本格的に看護について学び、看護師の資格取得に集中して学習したいというのであれば専門学校が良いといえます。受験資格は大学を卒業しても専門学校を卒業しても得ることができますが、看護師は簡単な資格ではないため、勉強のレベルは高いといえます。資格取得を目指して勉強するので、環境が整っていることも大切です。

都合や目的に合う学校を選ぶ

婦人

看護学校には国公立と私立とがあり、一般的には前者の方が学費が安めに設定されています。入学金や教材費などを含めても、年間の学費は50万円程度となっているので、経済的な負担が気になるという人の多くが、国公立の看護学校を選んでいます。一方私立の看護学校では、年間の学費が100万円を超えることが少なくありません。しかしだからこそ設備が充実していたり、国公立と比較すると入学しやすかったりといったメリットがあります。奨学金制度が設けられていることも多く、それを利用すれば経済的な負担は幾分軽くなります。また看護学校の中には、特定の病院の付属校となっているところもあります。ここに入学した場合は、資格取得後にその病院に勤務する可能性が高くなります。したがって看護学校は、そのことも考慮しながら選ぶことが肝心と言えます。方針が自分の考えと合っている病院や、自宅から通いやすい病院に勤務することが出来るのか、などを考慮して看護学校を選ぶことが大事なのです。さらに中には、教育施設や企業など、病院以外での就職に強い看護学校もあります。どちらの場合も原則として夜勤がなく、日中の勤務時間も安定しているので人気があります。そのため、それを目的として看護学校を選ぶという人も多くいます。このように看護学校には様々なところがあるので、自分にとって最も都合の良いところを選ぶ必要があります。説明会や体験入学会を開催しているところもあるので、それを利用することもひとつの手です。

国家資格受験に必須

ナース

医療を支えるさまざまな職業の中でも看護師は多くの人材が常に求められており、全国各地で多くの求人が見られます。収入が高く安定性のある看護師は、結婚した女性が出産後に再就職を目指す場合に採用されやすい点でも人気を集めているものです。看護師になるためには国家試験に合格しなければなりませんが、試験の受験資格を得るためには大学や専門学校などで養成教育を受ける必要があります。最近では医療の高度化を背景に合格者の中でも4年制大学卒の割合が増えている一方、大学よりも短期間で専門教育が履修される専門学校卒の合格者も少なくありません。専門学校は全般に大学より学費が安い点も大きな特徴で、経済的な理由から専門学校で学ぶ道を選ぶ人も多いものです。こうした専門学校ではさまざまな専門学科から実習に至るまでを集中的に実施しているため、看護師になるための最短コースとなる専門教育が受けられます。専門学科としては看護学や解剖学・生理学・薬理学などが挙げられ、心理学や精神医学・小児医学といった分野も学んでいきます。技術演習を経て実習に移り、校内実習の後には病院や特別養護老人ホームなどを舞台に臨床実習で実際に患者さんと接する機会が得られるのです。看護や医学以外の分野についても幅広く学びたい人は大学の方が向いていますが、看護師の国家試験に合格して早く就職することを目指している人は専門学校で学ぶのが一番の近道と言えます。大病院やクリニックなどの医療機関はもとより、高齢者向け介護施設や保育園などの福祉分野でも看護師の需要は高まっています。国家試験に合格して看護師の資格を取得すれば高い確率で就職先が見つかることから、その受験資格が得られる大学や専門学校は根強い人気を保っているのです。看護師は社会貢献度が高く仕事に対するやり甲斐や誇りを持つことができる職業ですので、その目標に向かって学ぶ日々も充実した時間となります。

将来のために学校に通う

ウーマン

専門学校には様々な分野の学校があり、看護や福祉、臨床や療法、スポーツなど様々な医療関連の学部もあります。それぞれに長期的な実習があるため現場での動きも分かり、プロが教えるためより専門性の高い知識を得ることができ資格取得にも大いに役立ちます。

もっと読む

これから人気のでる職種

男女

医師事務作業補助とは、医師の指示の下、診療録への入力、医療文書の作成など、医師の負担軽減を目的に定められた新しい職種です。民間で行われている資格が何種類かあり、受験資格に制限がなく、難易度もそれほど高くないので、受けやすいものとなっています。医師が不足しているのでこれから人気の出てくる職種です。

もっと読む

心のケアを行なう仕事

勉強

心理カウンセラーの資格の中でも、臨床心理士の資格は取得すべきものとしておすすめされています。臨床心理士は幅広い分野で活躍しているため、この資格を取得することで自分の可能性を広げることができます。また依頼者に適した心のケアを行う力を身に付けることも出来ます。

もっと読む